最終更新日:2012年9月6日 Since October 1st ,2000  
(C) I.D.K.PICTURES Co.,Ltd.



I.D.K.NET-TVにて、全編配信中

ACE OF SWORDSのポスター <STORY>

秋野香梨(木村梨紗)は世間で評判の占い師。
仕事運、恋愛運はもちろんの事、人の寿命までも
占う事が出来る。この”命の占い”の的中率は100%。
香梨のもうひとつの顔は、見識料という名の報酬を得
て暗殺を請け負う殺し屋であった。同居人であり、
占いの助手もしている吉良竜政(風田次郎)も
その仲間である。
ある日、同業である三人の殺し屋の暗殺を依頼された
香梨は、その首領格である日野源一郎(神田泰)の尾行を
開始した。しかしその途中、突如として現れたサングラスの
男に行く手を阻まれてしまう。香梨は高熱に倒れたその男
のサングラスの下の顔に何かを感じ、寝ずの看病をする。
卯木圭(水上明也)と名乗るこの男の正体は、実は香梨と
深い因縁のある暗殺者であった。


*パンフレット解説文より。


I.D.K.Vol.7

<CAST> 

卯木 圭(水上 明也)

吉良竜政(風田 次郎)

清原芽子(五島由紀恵)
唐沢刑事(安藤 直樹)

小平次(ゲッターチェン)

立川 徹(遠藤 建一)
豊田仙一(後藤 将一)

日野源一郎(神田 泰)

秋野香梨(木村 梨紗)


<監督/脚本/編集>井手 義和
I.D.K.PICTURES製作/VTR/カラー・白黒/46分(オリジナル65分)/1997年度作品
<解 説>
"Kシリーズ三部作"最初の今作では、香梨と吉良の殺し屋コンビと”伝説の暗殺者”卯木圭の運命的な出会いを通じ、”殺し屋”そのものよりも、”人殺し”を職業とする人間の宿命を描いている。ラストのどんでん返しが評判を呼んだ。


I.D.K.PICTURES"の記念すべき第一弾で、初の上映作品でもある。当初よりシリーズ化を予定して製作。タイトルの"K"とは、主人公の名前でもあるが、香梨.・吉良とも頭文字は"K"(よくあるパターンですが)。殺し屋を象徴する意味で"KILLER"の"K"でもあります(コテコテですが)。
圭と香梨はそれぞれ"I.D.K."時代の作品、”男たちの復活”、"No Name Solders"(Filmography参照)からの流用キャラクターで、ストーリー的にもリンクしています。
そのため"I.D.K."時代の名残で、眼帯に日本刀というとんでもないキャラクター(小平次)も登場しますが、これまで製作してきた一連の”殺し屋もの”の集大成的作品に仕上がりました。

上映会記録



製作日記&更新内容
I.D.K.最新情報
I.D.K.とは?
フィルモグラフィー
動画配信I.D.K.NET-TV
上映会レポート
メンバー紹介
IDK_IDEの個人日記
Unknown Art Collection
ミュージシャン紹介
撮影&編集機材
お役立ちリンク集
アーロン・ザ・ワールド
お問い合わせ