最終更新日:2009年12月27日 Since October 1st ,2000  
(C) I.D.K.PICTURES Co.,Ltd.

FREE SPACE THE OPEN

インディーズ映画特集上映!
イタニカ・その他のプログラムはこちら
<DATE>2002.2/28〜3/2開催 <CHARGE>¥800

東京・板橋にオープンしたFreeSpaceイタニカとは、
幅広い芸術活動のサポートスペースです。
2/24から3/3まで開催されたオープニングイベントでは
多種多様な催し物が企画されました。
ここでは、2/28(木)〜3/2(土)の三日間に渡ってお送りした
インディーズ映画特集上映の上映プログラムの紹介と
I.D.K.のコラムニスト、アーロン氏による全上映作品の
レポートをお送りします。
アーロン氏へのお便りはこちら
*特別招待作品は、I.D.K.がお願いして出品して頂いたお勧めです!

<会場>FreeSpaceイタニカ 東京都板橋区板橋2-46-7

■JR埼京線 板橋駅西口より徒歩10分
■東武東上線 下板橋駅徒歩4分
■都営三田線 板橋区役所前駅3番出口より徒歩4分

 

チケット料金 前売 800円 当日 1000円
リピータ当日券 500円(半券持参の方)

<主催> 
FreeSpaceイタニカ
GIF(劇団インフォメーション)


2/28(木)一人芝居と短編映画
19:00〜
矢野 智行の一人芝居

臨死体験をした、ある若者が人間的成長を成す過程を、矢野智行さんは、1人10役
程をこなしてます。前半は、その面白さで観客を引き付け、かなりのインパクトで笑
わせてくれました。後半まで、その力量で持ちこたえはするのですが、難を言えば、
後半はすべてを繰返さなくてもメッセージは充分に伝わったはずです。“腹八分に !”
・・・そうすれば残りの二分が観客の中で、それぞれの物と比較されて膨らんだと思います。

20:00〜
短編映画特集PART 1

TOY企画
けものみち(10分/VTR)
監督・渡辺新吾
建設会社秘書兼社長の護衛という空手家の主人公が、談合トラブルに巻き込まれ暴力団と交渉する中、相手は拳銃を取り出す。心理描写中心にしたアクションドラマ。(実話に基づく)

湾岸工事の談合を“抜け駆け”した者がトラブルへの道へと引き込まれて行くさま
を、獣道に迷い込んで遭難する人とだぶらせて描かれた作品は、モノクロで描く事に
より観客に“本物”を想像させてくれた分、記憶に残させる事に成功した作品だと思
いました。

原爆組
がいな奴(15分/VTR)
監督・土居 一公
ごく平凡に生きてきた42歳の男・槇原新一に突然訪れた不慮の死。
本葬、お通夜、通り魔事件と時間を逆行しながら、
高度成長の昭和に産まれ育った男の一生を走馬燈に照らします。
そこには沢山の愛を受けた過去と、
死んでからも心の中に生きる未来があった。
槇原の葬儀から、通り魔事件、出産まで時間を逆行し一転
残された愛娘が納骨の時に手紙を手向ける現在に。

組の名、そのままの「原爆」がテーマになった作品です。殺人犯(米国)が出した警告を
無視した、店を仕切る仲井さん(日本政府)は、店の中に居た客達(日本国民)を
無差別殺人への恐怖に巻き込みます。それは偶然通りかかった主人公にも降り
かかります。主人公の描き方に 1999〜2000年に掛けて NHKで放送された『映像の20世紀』
のタイトルを思わせる、キーワードを織り込んだテロップが上手に使われてます。

YUKO DANCE STUDIO
四 神(5分/VTR)
監督・渡辺新吾
カンフーアクションとダンスのドッキング!

『けものみち』と同じ監督です。この『四 神』を観た時、・・・ああ、この監督は
必ず比較するポイントを意識的に使ってる方だなぁ・・・と感じました。特に白虎か
ら化身へのディゾルブは、その形がハッキリとしてたので楽しめました。

電丼
おいしい野郎(15分/8mm)(特別招待作品)
監督/宮崎英輝
赤影のような荒唐無稽な忍者映画。
正義の忍者由比之介が悪の赤羽白菜の率いる悪の軍団と
秘伝一夜漬けの秘密を巡って争う空想時代劇!

とにかく気持ち良く笑わせてくれた映画です。某有名演歌歌手の言葉を借りるなら・
・・基本をしっかりと踏まえて有るからこそ型破りが出来るのです。基本を踏まえず
にやると型無しで台無し・・・に成る所を、意識的にチープな画面創りでテンポ良く
魅せてくれてます。いろんなパロディー(かぶく事)を見つける事ができますね。
「ワタシ、ニッポ(ン)ゴ、チョトダケ、ハナセマス」否定と肯定が織り込まれたこ
のセリフは、正にこの映画、引き算の妙技を象徴した大切なセリフですね。

3/1(金)
19:00〜
短編映画特集PART 2

DOMANI 1.COM

EMBRACE(18分/VTR)
監督・久保田 恭之
温泉宿を訪れた意味深なカップル。重苦しい空気を
漂わせていた2人は、旅館にて温泉、料理etc…を
味わうことで癒され、次第に寛いでくるが…
ゲイである男、その男に気のアル女の恋愛?もの。

てもセリフとは思えない会話運びが、ものうげなギターの爪弾きと共に、スナップ
風景のような世界に引き込んでくれました。これは、この監督の独特の個性でしょう
から大切にしてほしい所です。カチカチ山の振りは失意のゲイに火を付けさせ、大胆
にも全身ずぶ濡れ状態にさせますが、服の渇きと同調して本質が見えて来るあたりは
特筆に価するでしょう。

電丼

時のすみか 夢のすみか(20分/VTR)
監督・古川 達郎
子供を思う気持ちが時を越えていく。
そんなラブストーリーです。

夢のくり返しを描き、何処か『時をかける少女』的なオマージュや作品のテーマ「母
性」をここに書く事よりも、映像の実験的な野心をここに書きたいと思わせた作品で
した。映像だから出来る表現法を肩肘張らずに作品に表わそうとしてある熱意が伝
わって来ます。

ワザーワークス

完璧な一日(27分/VTR)
監督・牧 有太
お暇な大学生五人組。その中の一人、ハマオはいつのまにか
大好きな女の子との初デートを取り付けていた。
残った四人はハマオのデートを成功させるため、デートのリハ
ーサルをする事にしたが・・・。

おバカな事こそ、最も大切な事にしなくちゃいけない!てんぷらの衣の“つなぎ”に
使う卵が、実は一番栄養バランスがとれた食品であるように、おバカな事は、人と人
を“つなぎ”合わせる大切なコミニュケーションだ!・・・最後に彼女とのコミニュ
ケーションを通わす事が出来なかった男が吐く「彼女が居れば完璧な一日・・・」の
セリフを、どこか観客側が「おいお前、それは違うだろう」と思わせた時、この映画
は成功を成し遂げた事に成るのでしょう。

どんぱちプロダクション

熱球物語DX(20分/VTR)
監督・小原 茂樹
河川敷のグラウンドで新たな戦いに挑む星飛雄馬と左門豊作。しかし、突然乱入してきた花形と彼が率いる忍者軍団の前に飛雄馬は破れ去る。姉、明子の犠牲を乗り越えて飛雄馬は新たな魔球の開発に打ち込む!
◎見どころ⇒明子姉ちゃんの体を張った爆破シーン、平和の象徴、鳩の健気な活躍シーンは涙なしでは見られない!

最もおバカで賞”をあげたい作品です。インディーズだからこそ出来るって事をご
本人が良く判って有る愛すべき作品です。 part 2 が資金繰りが上手く出来
て、また我々を楽しませてくれますよう、切に希望します!! 命の尊さを“突っ込
み”に入れた事は、「心に翼」でもついてないと出来無い荒業です(笑)。

8:45〜
短編映画特集PART 3

TEAM HOSOGI

RPGスクール(30分/VTR)
監督・石倉慎吾
死にそうに熱い夏の日、雅博は同級生のヒロコから
愛の告白を受ける。しかし、雅博はヒロコを完全に拒絶する。
そんな、ヒロコをつけ狙うストーカーカメラマン小城。
小城はモテナイ35歳。 雅博・ヒロコ・小城、3人が出会った時、
それぞれの愛の形は音を立てて崩れ去る。
人生はRPG(ロールプレイングゲーム)だ!

“タイトルの中にキーワードを織り込む事は、当然誰もがする事ですが、この作品は、
監督の姿勢と観客の視点とが上手く融合しようとしている所に着目したい作品です。
つまりあくまでも監督はディスプレイの外から操作する視点を保つ事に成功してると
思うからです。突き放す事によりテーマがタイトル通りの明確さを持った作品だと言
えるでしょう。狂気の存在もゲームの中だから許されるって事を把握された作品です。

えとせとらっ

鉄道物語
「幼き最後の夏の旅物語」
(10分/VTR)

監督・上嶋 光弥
鉄道を舞台に制作された「鉄道物語」の最終話。
台詞を極力なくし、イメージと音楽でつづった作品。
「人は別れる時何を思うのだろう?今まで一緒にい
られた人に対してどんな言葉をかけるのだろう。」
初の子役を起用し制作された作品。

ホワイトインで始まるこの映画は、突然の自動車事故で一瞬の内に幼き子供を夏に閉
じ込め、それを不幸だと位置着けずに、大好きな蒸気機関車に乗せ、明るい未来に旅
立たせようとする肯定的な優しさに包まれた作品でした。これも引き算の妙技の映画です。
そうする事により、赤色フィルターや風の音までも際立つ仕上がりに成ってます。

西條組

トレンディ・フォーチュン・
イン・ジャパン
(30分/VTR)

監督・西條 雅俊
恋人にふられたタマオは、成りゆきで、興信所の男と、
パントマイムにいそしむ男に出会う。昔の恋を引きずる2人は、
勘違いして、タマオが恋する人だと思い込み、追い掛け回す。
必死で逃げるタマオと追い掛ける2人。
突然そこにタマオをふったサトルが現れる!
西條組的トレンディドラマ。とにかくエンターテイメント映画です。

冒頭に流れる、ピンクパンサーを彷彿とさせるような?BGは、この映画のカラーを
フォーチュンの世界に誘い込ませます。丼の裏に書かれた「福」の字は、それをかぶ
る危ない主人公をギリギリの線で救う象徴でしょう。でも、何もかも借り物を身に付
けた彼女は、最後の最後で、自分自身さえ只の借り物に過ぎない事を突き付けられま
す。『イン・ジャパン』とする事により『イン・ワールド』(母)への可能性を明確な物へとしています。

3/2(土)インディーズ映画特集

CHIMY

デッドエンド・ガール(80分/VTR)
監督・宮野 真一
由紀子と実の究極の愛情を発端に、彼らを取り巻く人々の運命を
描いた大河ドラマ。今回は、昨年5月に公開された本作に、
新たなシーンを加えたニューヴァージョンで上映。

3部構成になる この作品は、明らかに努力表現が進化の過程に現れた手本のような
作品です。その第3部「最終少女」を観る時、作品の構成力はピークに達します。第
3部「最終少女」で、さくらさんと言う事件を追うタフな女性が、蛇を丸焼きにしたり、
大蛇を襟巻きの様に使う様が、蛇女→しつこい女刑事→失恋(しつこい)女と言う事を
意図してあるのなら一目置くべきでしょう。

13:30〜
OPENING LIVE PERFORMANCE
(バンドによるミニライブ)

14:35〜

Quest Movie Factory

左耳の精霊 -spiritus loci-(68分/VTR)
監督・吉松幸四郎
左耳の耳鳴りに悩まされていた民俗学研究生の水樹は、
五百羅漢の取材中、石仏の傍らで黒髪をみつける。
同じ頃、軍事情報収集をする鬼山は、自分が見慣れぬ鐘を持ち、
誰かと待ち合わせをしていることを思い出す。
一方、水樹は研究室の先輩・常盤と共に黒髪をめぐる民俗学的調査
を進める内、「死人を食らう鬼の民話」に出会う。
互いに共鳴し合う水樹と鬼山へ、7ヘルツの地鳴りがある予兆を告げ
始めていた。

たくさんのキーワードを、多彩な音、多彩な色彩の洪水で表わした映画です。かくれ
んぼの童子の声は、この映画を読み解く最初の囁き・・・三味線の音は三つ編みのよ
うに映画の進行を助け、顔の無い鬼=災い=精霊、へと導き始め、蝉の音で一夏の出
来事のように観客との間に一定の距離を置かせる。紙風船は、その後たくさん現れる
多くのスピリットを象徴するかのようだった。難を言えば、描き方にもう少しメリハ
リを着けて欲しいと願うのは高望みだろうか。

16:00〜

立花修一

妖貴流星(65分/VTR)
監督・立花 修一
特別な力を持っている女性を追って、
中世の日本からタイムトラベルしてきた悪の化身の女達
[妖貴衆]が織り成すエロティック・サスペンス。

この作品の良かった点を言えば、口から相手の精気を吸い取る事を、ちゃんとこなし
てくれた女優陣、及び、それをやらせた監督に拍手を贈ります。難を言えば、もっ
と、オドロオドロしくやってほしかった事です。PFFからメジャーデビューした熊
切和嘉監督の『鬼畜大宴会』のような型破りをしてほしかったけど、あそこまで行く事が出来るでしょうか・・・。

17:20〜
劇団CM(公演間近な劇団CMをライブでお届けします)
18:00〜

RiverSideFilm
Dolless(ドーリス)(40分/VTR)
監督・横沢 樹(たつき)
一人の女子大生の周りで起る連続殺人。
人形への歪んだ愛情が引き起こす結末は・・・!?
リアルな殺人描写で恐怖美学を演出する、鮮血ホラーファンタジー」

地下鉄を降り、自動ドアを通り抜ける女性を追うカメラワークが『サスペリア』の猟
奇殺人シーンを思い出させる、光が丘殺人事件に始まる連続狂気殺人事件の一
連の殺人事件は、単なるロリコン、マザコンによる犯罪者の狂気によるものかと思いきや、
それに留まらず、カルトな世界に進んで行くのですが、もう一捻りしてほしかった作品です。

18:55〜

I.D.K.PICTURES

渇いた記憶-Ran Dry Tears-(56分/VTR)
監督・井手 義和
ある人に会うため旅に出たレイ。
その途中出会った春菜という少女を、ひょんな事から
家まで送ることになった。両親のいない春菜は姉の夏海と二人暮し。
奇妙な縁でレイとその姉妹は数日間をともに過ごすことになる。
この偶然の出会いによって大きく変わったレイが旅の果てに見る
意外な結末とは!?

度目に観る作品です。・・・くり返し観たくなる作品と、くり返して良くなる作品
と、くり返してもう観たくなくなる作品と、作品って人それぞれの感性に合うか合わ
ないかによっても違いますよね。どんなに良いと思った作品でも、2度3度とくり返
す内に発見が無いと悲しいものですが、唯一2度目の作品なので、この事をここで触
れさせてもらいました。
新たなる発見が出来て、大変嬉しく思った映画です。もう一度観てみたい。

20:05〜

鶴子村夫ワールドワイド

STRING OF LIFE(56分/VTR)
監督・鶴岡 幸治
自分の将来を悲観し生きる希望を失った女。
自分のつまらない人生から抜け出したく他人の人生に関わった男。
男を騙し続ける女。チンピラに殺しを依頼された男。
4話構成で4人の主人公を描きながら全体として
1つの物語を奏でている。出会いそして別れる。
まるで絡まった糸のような人々の人生の交差を
鶴岡幸治監督が独自の軽いノリで演出。

う〜ん・・・ずるい!上手すぎるんです。ジュリアン・ディヴィヴィエが生きてた
ら、もうワンランク上を要求するでしょう。色んな映像テクニックを的確な場所に演
出上使いこなしてるのは特筆すべき事でしょう。だったら題名に、もう一捻り欲しいのは、無い物ねだりだとは思いません。

<全体を観て>
事あるごとに “インディーズなんだから映倫の枠に囚われない映画創りを!” と書
く私ですが、今回もいく本かの作品に、そう言う想いを隠せませんでした。やはり誰
でも映画創りをしようと思えば出来てしまう昨今、2番目を走らずに、誰が何と言お
うと、たとえ私ごときが、みなさんの作品を何と言おうと、“俺は、これなんだ!”
と思う強い意志で突き進んでほしいと思います。上手に創られた映画なんて、もう星
の数ほどもあるでしょう。監督であるか職人に徹するかは本人の希望次第ですが、
インディーズを好な1人として個性を重視して作品を観たいと、いつもどこかで願ってる私です。

製作日記&更新内容
I.D.K.最新情報
I.D.K.とは?
フィルモグラフィー
動画配信I.D.K.NET-TV
上映会レポート
メンバー紹介
IDK_IDEの個人日記
Unknown Art Collection
ミュージシャン紹介
撮影&編集機材
お役立ちリンク集
アーロン・ザ・ワールド
お問い合わせ